葉田さんの早とちり

日常

―ある春のまったりとした日―

歯医者「最近は虫歯が多いなー。みんな歯みがきしてるのかな?

歯医者「これからは虫歯についても気をひきしめないとな‼」

葉田「…え? しめる…? 真白クリニックを閉めるの!?」

気を引きしめるの「しめる」しか聞こえなかった葉田さん。

葉田「針子さん‼ 歯医者さんが…真白クリニック…閉めるって‼」
針子「えーっ! そんなぁ‼ 村に一軒だけの歯科が?!」

尾田「なんででしょうねぇ? 歯医者さん……」
針子「しめるだなんて、何かあったのかしら?」
木戸「真白クリニック うまくいってたはずだけど…」
葉田「けっこう奥が深いのよぉ! 気になるわぁ。」

歯医者「奥様たちじゃないですか。なに話してるんです?」
木戸 「ハッ……えっとぉ~その…なんでもありません!」
尾田 「こ…今月の幸直売所の割引商品を予想してたの!」

白沢 「とにかく…さようならぁ! また今度~」
針子 「ここで話すのはマズイわ! 行きましょ…
歯医者「マズイってなにがですかー?」

尾田  「村に一軒だけの歯科がなくなるのかぁ…」
針子  「虫歯になったら困るわねぇ。隣村にもないし…」
木戸  「歯医者さんがいないならできることはひとつ…」
奥様一同「自分たちで念入りに歯を磨くことよ‼

シャコシャコシュカァー
「もうちょっと時間をかけねば…」

シャコ…シャコ…シュココ
「もうちょっと歯を白くしないとな…」

―そのころ…真白クリニックでは―

「なんだか最近 虫歯、減ったなぁ~。僕は何もしてないのに…」

おわり

にほんブログ村 コレクションブログ シルバニアファミリーへにほんブログ村 その他生活ブログ おうち時間へ