歯医者さんの教室作戦!     お話バージョン

日常

―治療のたびに子どもたちに怖がられる歯医者さん、あることを思いついた―

「そうだ! 歯みがき教室を開こう! 普段から怖がられない関係を子どもたちと作ろう!
 そうすれば、歯みがきの大切さも分かってくれるだろうし……名案だ! さっそく準備だ。」

―さっそく、机を並べる歯医者さん―

「よいしょ、教室の日は毎月20日の午前11時だぞぉ~!
 子どもたち……来てくれるかなぁ? 怖がられないようになるかなぁ?」

―そして 記念すべき開催日―

「あれ…開始時間すぎてるのになぁ……。一匹しかいない……
 まぁやってる内に来るかな。じゃ…じゃあ始めるよ~!」

「だから―歯にしみるのはもうかなり進行が進んでいるということで……
 早めに歯医者さんで、検査して虫歯を見つけた方が痛くないんだよぉ~。」

「つまり―、ん? なんだ? 頭……が?」

あの……教室やってるってお母さんが……
さっきから気になってたんだけど……
大丈夫そうだな……入ってみよう。

ぞろぞろぞろぞろぞろ

「へ? へ? 様子? 見てた……のか。」

「だから……キシリトールが歯の修復もしてくれるわけで……」
はぁーい!

子どもたち、みんな窓から教室の様子を見てた。
疑心暗鬼になってだだけなのね……!

にほんブログ村 コレクションブログ シルバニアファミリーへにほんブログ村 その他生活ブログ おうち時間へ